坐骨神経症

ホーム > 症状による対策 > 腰痛 > 坐骨神経症

坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、などが原因とされています。

坐骨神経症の症状

坐骨神経痛は太ももの後面、ふくらはぎ辺りの痛みが多く、他にも下肢の痺れ、知覚鈍麻、歩行障害などがみられることがみられます。

坐骨神経症の対処法

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症により起こっている事も多いので、一度レントゲン、MRIを撮られることをお勧めします。あまり症状が重くないものであれば、マッケンジーやウイリアムズ体操で改善がみられると思います。また、梨状筋といっておしりの筋肉で、坐骨神経を圧迫している事も多いので、その場合はストレッチをする事で改善が見られます。

腰痛の種類

  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経症

症状から調べる

カイロプラクティック専門学校の講師もしています!!