スポーツ障害とは

ホーム > スポーツをされる方へ > スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、運動により起こった機能不全や痛みの事で、障害や外傷の総称です。
その他、「使いすぎ症候群(オーバーユース)」とも言われ、身体を酷使することで発生する野球肘やテニス肘・ゴルフ肘、野球肩、ランナー膝などがあり、その多くは、誤ったトレーニング法によるも のです。トレーニング後に適度な回復時間を取らなかったり、痛みがあるのに運動を続けたり、間違ったフォームで運動したりといった日々の積み重ねによって起こります。

スポーツ障害の主な種類

半月板損傷、前十字じん帯損傷、ガ足炎、ジャンパー膝、オスグッドシュラッター病 等
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘 等
野球肩、リトルリーガーショルダー 等
足・脚 足関節捻挫、後脛骨筋腱機能不全症、足底腱膜炎、外反母趾、シンスプリント 等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群 等
むち打ち症 等

スポーツ障害を予防するために

  • スポーツ障害とは
  • ケガをしないトレーニング法とは
  • データによる姿勢解析
  • 動作解析(フォームファインダー)

症状から調べる

カイロプラクティック専門学校の講師もしています!!