40歳、50歳になって、肩が上がりにくい症状の総称を五十肩と言います。

五十肩の症状

五十肩には、重患なものもあり、重いものを持ち上げて急に痛くなったというような場合では、上腕二頭筋腱の断裂、棘上筋腱の断裂等が疑われます。そういったケースでない場合は、脇の後ろ側がまず痛くなり、肩甲下筋、小円筋といった肩を上げていく際に肩の関節にスペースを空けてくれる筋が作用しなくなり、関節にスペースがなくなるため発症します。そのまま痛いまま我慢し、放っておく事で、次は関節包という肩の周りを包んでいる風船みたいなものが固まり、60度ぐらいまでしか肩が上がらなくなってしまいます。

五十肩の対処法

上腕二頭筋腱、棘上筋腱の断裂は手術となりますが、あとのものであれば、関節包が固くなったものをパンピングという手法で動かし、関節包を柔らかくさせたり、筋肉と筋肉は何層にも重なっていますが、筋と筋の間をスムーズに動くようにしてあげることで、肩の可動域は上がってきます。
また、肩を拳上するメカニズムには、鎖骨が大きく関与しているため、鎖骨の動きも良くしていきます。リハビリに関しては、よくテレビなどで見かけますが、症状によってはやっていいものと、やると悪化してしまうものもありますので、どれを行えばいいかも指導させていただきます。

首の痛みの種類

  • むち打ち症
  • 五十肩

症状から調べる

カイロプラクティック専門学校の講師もしています!!