ケガをしないトレーニング法とは

ホーム > スポーツをされる方へ > ケガをしないトレーニング法とは

闇雲に体を鍛えることは、非効率的で無駄が多く、ケガや障害につながります。 さらに、自分の弱い部分を知り、そこを意識したトレーニングをすることで、効率的にかつケガをしにくい体作りが可能です。
数あるトレーニング法の中から、当院があなたに合った練習方法をご提案させていただきます。

当院があなたに合ったトレーニング法を考えます

ストレッチ
ストレッチ

ストレッチとは、今や誰もが知っているトレーニング法で、競技の前にコンディションを整えたり、運動後にクールダウンする際に行います。特別な技術や道具を必要とすることなく、時間も場所も必要ないので、誰にでも簡単に行うことができます。

チューブトレーニング
チューブトレーニング

チューブトレーニングを行えば、骨に近い筋肉(インナーマッスル)を鍛えられるので、激しいパフォーマンスに内面から耐えられる体を作れます。長さや強さを調節できるので、年齢や体力問わず、自分に合わせた効率的な筋力トレーニングができます。

骨盤健康骨体操
骨盤健康骨体操

骨盤・肩甲骨体操とは、筋肉を「緩める」ことにフォーカスしたエクササイズです。
効果としては、関節間の適切なスペース造り、正しいキネティックチェイン(連鎖性)の獲得、骨盤・肩甲骨周りの可動域の拡大、腰痛・肩こりの解消、走力アップ、スローイング及びスウィング動作の向上などが期待できます。最近トップアスリートが、肩甲骨と股関節の動きに注目し、取り入れている運動で、アスリートはもちろん、高齢者まで活用いただけるオー ルマイティーなプログラムです。

筋力トレーニング
筋力トレーニング

筋力トレーニングとは、筋肉の量を増やしたり筋力を強くするために行う「練習」のようなものであり、一般的によく知られています。その反面、間違った筋力トレーニングも多く存在します。
バランス悪くつけてしまうとパフォーマンスのダウンにもつながるため、効率の良いトレーニングが必要とされます。また、栄養分を吸収するタイミング等もありますので、やみくもにトレーニングするのは危険です。

スポーツ障害を予防するために

  • スポーツ障害とは
  • ケガをしないトレーニング法とは
  • データによる姿勢解析
  • 動作解析(フォームファインダー)

症状から調べる

カイロプラクティック専門学校の講師もしています!!