シンスプリント

ホーム > 症状による対策 > スポーツ障害 > シンスプリント

シンスプリントとは脛骨疲労性骨膜炎の事を指し、スネの内側に沿ってうずくような痛みで運動中は痛みが持続し運動をやめると痛みは治まりますが、ひどくなると日常生活の中でも痛みが出てきます。
特に短距離や長距離をする陸上選手、バスケット選手や野球選手などはなりやすい症状です。

シンスプリントの原因

走りこんだりするスポーツ選手が発症しやすいのはもちろんですが、何年もスポーツとはご無沙汰で久しぶりに走り始めた人なども発症する場合があります。
土踏まずの部分がなく、足の裏が平らな「偏平足」の人やくるぶしの中心より外側にかかとの中心がある「回内足」の人もシンスプリントになりやすいです。

シンスプリントの対処法

偏平足になることにより、足の舟状骨という骨が下に移動します。舟状骨にくっついている後脛骨筋が舟状骨の移動により引っ張られ、筋、骨間膜に炎症を起こしているので、この舟状骨を上げておくために、インソールを入れ替える事が絶対となってきます。また、シンスプリントには足の内側だけでなく、外側上方の痛みもありますので、これに適したテーピング方法もあります。
インソールを入れた次の日から症状が改善するケースも少なくありません。

スポーツ障害の種類

  • 野球肘・テニス肘
  • 野球肩
  • シンスプリント
  • オスグッドシュラッター病

症状から調べる

カイロプラクティック専門学校の講師もしています!!